AGAを防ぐためには?

禿は男性ホルモンの病気である

AGAというのは男性型脱毛症であり、男性ホルモンの過剰分泌によって引き起こされるホルモンの病気です。AGAが病気として認知されるようになったのは比較的最近のことで、それまでは禿や薄毛は治療困難であると考えられていました。しかしながら、他の病気の治療に用いられていた薬を服用した患者に発毛が確認されたことから研究が進み、結果的にAGA治療に用いられることとなったのです。AGAの原因と考えられているのが、過度なストレスや生活習慣の乱れにあります。ストレスにより頭皮の血行が滞り、その結果髪の毛が成長しにくくなったり、抜け毛が増えたりします。また、食生活が偏っていたり不規則な生活を続けることでAGAを発症したり進行したりします。

AGAを予防するための生活習慣

では、AGAを予防するためにはどのような対策があるのでしょうか。まず、規則正しい食生活を心がけることです。バランスの取れた食事を心がけることで、頭皮や髪に栄養を送ることができます。特に重視したいのが、良質なタンパク質とミネラルを摂取することです。タンパク質やミネラルは健康な髪を作るのに欠かすことができない栄養素です。次に、十分な睡眠を取ることも髪の健康には欠かせません。できれば夜の12時前には就寝を心がけ、最低でも6時間の睡眠時間を確保したいものです。最後に、できれば飲酒や喫煙習慣もやめることができれば、AGA予防になります。このように、生活習慣を改善することで、AGAの原因となる要因を取り除く事ができます。