AGAになりやすい人は?

身内に薄毛の人がいるとAGAになりやすい傾向

男性型脱毛症のAGAは、生え際や頭頂部、側頭部などの毛が少しずつ減少してくる病気です。多少の個人差はありますが、20代後半から、30代ぐらいから見られることが多いです。男性型脱毛症のAGAになりやすい人を知りたい人が多いです。多少は遺伝的な要因がある病気なので、両親や祖父などに薄毛の人がいる場合は、罹りやすい傾向があります。高脂血症や高血圧、糖尿病などの持病がある人は、体の血流が悪くなりやすいので、頭皮環境が悪くなるため、健康な人に比べるとAGAに罹りやすいと言えます。緑黄色野菜や海藻類、大豆食品、卵、魚などの良質なタンパク質や、ミネラル成分を多く含んでいる食事を心掛けることも大事です。運動不足気味の人は、冷えやむくみなどが起こりやすいため、適度な運動を心掛けて下さい。

喫煙や飲酒の習慣があるとAGAに罹りやすい

男性型脱毛症のAGAは、20歳以上であれば誰でも罹る可能性があります。男性型脱毛症のAGAを予防するためには、良質な睡眠を得たり、栄養バランスの良い食事を心掛ける必要があります。仕事で忙しい人は、人間関係や疲労などでストレスを受けやすく、喫煙や飲酒の習慣がある人もあります。飲酒は適量であれば問題ありませんが、週に2、3回は飲まない日を作ったり、飲み過ぎないことが大事です。喫煙をする習慣のある人は、煙草を吸わない人に比べると、男性型脱毛症のAGAに罹りやすい傾向があります。なるべく本数を減らすようにしたり、禁煙を心掛けることも大事です。気になる症状が見られる時は、早めに専門クリニックに通院をするのをお勧めします。