AGAってどんな病気?

遺伝や男性ホルモンの影響で次第に薄毛が目立ちやすくなる

AGAは、男性の主な薄毛の原因として国内外で知られており、人によって症状の現れ方に違いがありますが、遺伝や男性ホルモンの影響で徐々に頭頂部や生え際などの薄毛が目立つことがあります。また、ストレスや生活習慣などの要因が重なることによって、薄毛の進行のスピードが速くなったり、様々な症状に悩まされたりすることがあるため、早めのケアが必要となります。最近では、AGA治療のために内服治療や発毛メソセラピーなど色々な方法が採用されることがあり、美容皮膚科をはじめとした男性専用のクリニックで本格的な治療を受けることも可能です。なお、AGAの治療効果は、個々の患者の薄毛の進行度や体質などによって大きな差が出ますが、治療に長い期間が掛かるケースが多く見られます。

薄毛以外にも頭皮の炎症や抜け毛が増加することもある

AGAの症状は薄毛だけでなく頭皮の炎症や抜け毛など様々なものがあり、原因を特定するまでに時間が掛かることから、治療が難航することも珍しくありません。AGA治療を専門とするクリニックの中には、遺伝子検査や血液検査などの方法でそれぞれの患者に合った治療法を提案しているところもあり、市販の育毛剤を使用するよりも効果的に治療を進めることが可能です。また、症状の進行を食い止めるには、発毛効果や血行促進効果などが期待できる成分が含まれた薬剤を使用するのはもちろんのこと、食生活や運動習慣などの改善が必要となることもあります。そこで、セルフチェックをして少しでもAGAの症状が疑われる場合には、いち早く名医のもとを訪れて適切な診断を受けることが何よりも大切です。